TOP INFORMATION WHEEL REPAIR 掲載誌 FAQ 見積り・修理依頼 LINK 拠点  ]


INFORMATION

国民生活金融公庫
2007年3月号に
掲載されました。

会社理念

一昔前はアルミホイールが破損したら新品に交換する事が常識だったが
アルミホイールが破損しても修理・再生が出来る時代になり、
ホイール修理業者も増え
今のアルミホイール修理は
ハイクオリティー・強度の確保・リペア後の安全性
が注目されております。

当社は四輪・二輪用のアルミホイール修理専門工場として永年にわたる実績と独自のノウハウによりホイールリペア・ペイント等すべてにおいて自信を持ち、常に最新の技術を提供できるよう質と技術の向上に努めております。

また、当社オリジナルの”ホイール修理品質保証制度”を独自に設けるなどユーザー様の立場に立ったアフターサービスを心がけ常にお客様に満足して頂けるサービスをと努力しております。



◇消費者意識が「使い捨て」感覚から「再利用・長期使用」へと変化していく中でアルミホイールも
例外ではなく修理需要が急激に増加しています。
・商品の開発サイクルが短くなった事により新品を購入する事が出来なくなった事による需要
・環境規制や燃費性向上に対応していく為アルミホイールの新車装着率の向上による需要
・自動車メーカー新車装着純正ホイールの高級化による需要
・大口径化に伴うアルミホイール価格の高騰による需要
・特殊塗装、光輝系ホイールの増加 等々
◇修理後も安全に走れる状態にすること
◇可能な限り元のデザイン・形状・カラーに近づけること
◇適正価格であること
◇適正納期であること
◇車に装着して、新品同様に『走る』『曲がる』『止まる』機能を果たせるまで復活させる事が
 本来のアルミホイール修理だと考えます
◇削れたり曲がったりした箇所を、見かけだけ元通りにするのは本来の修理とはかけ離れている
 と考えます
◇当社のホイール修理品は過酷なモータースポーツでもご使用頂けます
 (※破損の程度によりご使用頂けない場合もございます)
◇アルミホイール修理はボディーの板金修理とは全く異なり、強度の確保、真円性の復元、
 デザインの復元といった非常に高度で特殊な技術を要します。
◇高度な技術・豊富な知識を持つ熟練した職人の技と高性能な機械のアシストで初めて高精度な
 修正が可能となり高度な損傷ベクトル解析処理能力を要します
◇シンボリは高度な修理技術を持つ熟練職人とインフォームドコンセント・セールスのプロ集団です
◇永年の経験に依る様々なホイール修理のノウハウを蓄積しております
◇アルミホイールのデザインからアルミ母材の特性までありとあらゆる情報・知識・応用力を兼ね備えております
◇修理品の過酷な強度・衝撃試験から確立した高い安全基準を設定しております。
◇高精度な機械設備が完備され、さまざまな修理に対応する環境が整備されています。
シンボリ独自のアルミホイール修理品の品質保証制度

当社安全基準をパスした修理品には、全てシリアル番号を明記した保証管理ステッカーを貼付し修理内容をデータベース化して一括管理しております。
大手保険会社により、修理が起因する万が一の事故にも即座に対応できます。
もちろん、生産物賠償保険(PL保険)対応。
保障管理ステッカーとは
◆当社のアルミホイール修理は大手保険会社との協力のもとに行っております。

◆当社が行っているホイール修理は、保証の持てる商品に関して修理終了後、保証管理ステッカーをホイールに貼る事によってそのアルミホイールがどのようなリペアをしたか当社がカルテとして管理しております。
(保証管理ステッカーには管理番号・当社所在地・社名・電話番号・を記載しています)
◆当社が行ったアルミホイール修理品が原因で、万が一事故が発生した場合、保証管理ステッカーがある商品に対しては保険会社にスイッチすることができます。(一般公道での使用時に限る)
注 意 :
●当社が保証の持てないと判断したホイール修理に関しましては保障管理ステッカーは貼付しません。
●修復暦のあるアルミホイールは保証外のリペアとなります。
●1回目の修理を当社が行い(保証管理ステッカー貼付品)、2回目以降他社で修理を
行った場合は保証管理ステッカーの効力は失います。